地元大宮・保育士と居酒屋デートを繰り返した結果…

結構、僕は出不精であんまり遠くまで出掛けていくのは好きではない。

だから買い物なんかは大抵、大宮で済ませちゃうし最近ではネットで買って家すら出ない事もある。

そんな僕だから出会い系サイトで女の子と会うのももっぱら大宮界隈って訳。

わざわざ東京あたりまで行かなくても、大宮の女の子は十分カワイかったりする。

僕がハッピーメールとかPCMAXを使うようになってもう3年も経つけれど、その間、それなりの女の子たちと関係を持って来た。

3年の経験というと、出会い系サイトベテランのように思われるかもしれない。

けれど一般的な出会い系サイトユーザーに比べると、セフレの数は少ない方だと思う。

僕なりの出会い系サイトの楽しみ方とは…

確かに出会い系サイトを使う目的はセックスをする事にあるのだけれど、一方で僕は女の子とのコミュニケーションも同じくらい楽しんでいる。

だから実際に会ってみて、この子って一緒にいて楽しいと思える子とは無理にセックスに持ち込まない事もある。

そういう女の子とは完全に飲み友達のような関係になってしまうのだけれど、でもそんな関係を続けながらもふとした流れでセックスに至ってしまう事もあるものだ。

そんな経緯で一度セックスをすると、その女の子とはどっぷりとしたセフレの関係になってしまうもの。

そしてその女の子とは非常に長く関係が続いてしまうんだ。

今日会う約束をしているゆい(28歳、仮名)もハッピーメールで知り合った女の子の一人。

最初にハッピーメールの掲示板で彼女を見かけた時は、アイドル顔に惹かれてこっちからメッセを送ってみた。

最初はあわよくばセックスに持ち込んでセフレに出来ちゃえば…と思っていたんだけれど、実際に会ってみるとそのかわいさ以上に面白いキャラにすっかり僕は気に入ってしまった。

今では友達としての関係を大切にしている。

僕のセフレ、ゆいの事

ゆいは保育士の仕事をしているって言ってた。

だから職場には同世代の男性はほぼほぼいない。

このままじゃマズいと思ってハッピーメールで相手を探してたとの事だ。

大宮駅近くの「かしら屋」という居酒屋が僕たちのホーム。

最初の頃はオシャレなカフェとかレストランで会っていたのだけれど、何回か会ううち、お互いにそういうのは趣味ではないという事が分かり、このお店に落ち着いたんだ。

かしら屋でビールとか焼酎を傾けて、たわいもない話をゆいと交わす。

今日、職場で会った事、ネットニュースで見た事、はたまた実家の親の事…。

とにかく彼女との会話はジャンルレスだ。

なんだかこんな感じで僕とゆいは、何年来も友人のような雰囲気で同じ時間を過ごしている。

この日も、いつものようにかしら屋で僕は彼女と飲み始めた。

僕は黒霧島のロックのグラスを傾けながら、隣にいるゆいとはこれで会うのは何度目だろうとふと考えていた。

飲み始めた時はゆいもご機嫌だったのに、気が付くと今日の彼女はどこか虫の居所が悪いのか?という雰囲気を所々に見せるようになった。

「なんかあった?今日…」

僕が目線をゆいに向けずにそう言ったのだけれども、それに対して彼女は何も応えない。

まあ、女ってそんなもんだ。

僕たちは別に付き合ってる訳でもないし、そもそも出会いのきっかけはハッピーメールだ。

お互いにあまり干渉し合わない事を暗黙の了解の元、求めている部分があるので、ぶっきらぼうなゆいを今日は放っておく事にした。

僕が黒霧島のおかわりを頼んだ時、突然ゆいがこう言い出した。

「ねぇ、アタシたちって会ってからどれくらい経つ?」

その口調にはやっぱり怒りの感情が込められている。

やっぱりさっきから彼女が醸し出していた不機嫌の原因はどうやら僕にあるらしいという事が今、はっきりした。

「あ、それな。ちょうどコッチもさっき、考えてたんだ…」

「だからどれくらい経つのよッ!」

あまりにも今日は突っかかってくるので、少し僕は驚いてしまった。

改めて彼女を見ると、僕が気がつかない間に今日はかなりの量の酒を飲んでいたようだ。

目はすこし座っているし、顔もいつも以上に赤い。

「アンタさぁ、アタシが待ってんの気がつかないの?いい加減!」

待たせるって、いっつも待ち合わせ時間に遅れて来た事ってないべ、オレ。

「そうじゃないデショ!何言ってんの?!」

さっきまで座っていたゆいの目が少し潤み出した。
この時、僕は全てを察したんだ。

「半年…」

ふと僕は今になってゆいの問いに応えた。

「そうよ、半年でしょ!?半年の間、アンタ何してんのよ。
アタシってただの飲み友達?そんなんだったらフツーに赤羽の立ち飲み屋で隣のおじさんと飲んでればいいデショ?
別にアタシじゃなくでもいいデショ?」

その言葉に僕は何も言わず、ゆいの手を引っ張ってかしら屋を出た。

感情が高ぶっていきなりゆいに挿入してしまった

少し人目がない所でゆいを抱きしめて、キスをした。
壁ドン以上のキスをした。

彼女の顔を両手で包み込み、お互いに呼吸も出来ないほど激しくキスをしたんだ。

そしてゆいの体を後ろに回してスカートを手繰り上げ、そのまま挿入した。

いきなり挿入したので気持ちいいなんてものじゃない。
めちゃくちゃ痛かった。

多分、ゆいもそうだったと思う。

彼女は声を出していたけれど、それは気持ちいいという事じゃなく、あまりにも無茶な展開に驚きやら僕に対する抗議やらそんな感情が入り乱れた声だったと思う。

時折、ちょっと離れた通りを行き交う人と目が合った気がしたけれども、今の僕はそれどころじゃない。

ゆいの奥へ奥へと僕の性器を押し込むことの方が今は重要なので、他人に見られている恥ずかしさとか何やらは正直、僕の頭の中にはこれっぽっちもなかったんだ。

一度ゆいの中で果てた後、僕は彼女を連れて大宮駅近くにあるHOTEL Kというラブホに入ったんだ。

再び交わるために、ゆいと僕は大宮のラブホテルへ

そこではさっきの激しいセックスとは打って変わって、とにかく僕はゆいを優しく愛し続けた。

愛撫するカップル

彼女の体を愛撫している間、どうしてか僕も気持ちが昂ってしまい涙が止まらない。

僕の涙で彼女の体が濡れて行くと同時に、彼女の体も感度が良くなって行く。

そして僕たちはそんなセックスをその夜は何度も何度も繰り返したんだ。

その夜の出来事が僕とゆいの間の関係を少し変えてしまった。

変えたと言っても、それは表面上は何も変わらない。

会う時はいつもかしら屋だし、交わす会話のレベルも相変わらずだ。

けれども言葉を交わしていない時間も僕たちは何か繋がっているような感覚を感じるようになったんだ。

そうして気が付くと僕はゆいを抱いている。

ゆいから求められる事は少ない。
正直に言うと僕の方が求めて、彼女を抱いているんだ。

あれ以来、ゆいが僕に絡んでくる事はなくなった。

いつも僕と彼女のこの関係が続くかは分からないけれど、今はただ目の前のゆいという存在を大切にして行きたいと思ってるだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です