フラれた僕を救ってくれたのはハッピーメールだった

それはまさに、僕にとっては晴天の霹靂っていう出来事。

それまで5年も付き合って来た彼女に、ある日突然フラれてしまったんです。

彼女から別れたいと言われた時、一瞬、何を言っているのか僕には分からなかった。

ズラズラと彼女は別れたい理由を僕に一生懸命話してたけれど正直、その時の僕には全然耳に入ってこなかった。

だから今でも独り身になってしまった事に、僕は釈然と出来ないでいるんです。

それまでは彼女がいるのが当たり前の日々。それがある日を境に、いつも僕の横にいたはずの彼女が姿を消してしまいました。

土曜日とか日曜日は急に暇になってしまった…。

僕に彼女からフラれた事を一番、実感させてくれたのはあまりにもたくさん有り過ぎる自由な時間だったのかもしれません。

そして自由な時間は必然的に僕に寂しさを感じさせるようになったんです。

独り身の寂しさを埋めるために僕はハッピーメールに登録した

この寂しさってマジであらがいようがないですね。

家にいるとなんだか気分がどんどん滅入ってしまいそうだったので、僕は一人ぶらぶらと大宮の街に出かけて行ったんです。

ふと入ったマックで隣のおじさんのスマホが目に入って来ました。

見ちゃ悪いと思ったんですけどね、ついつい僕は覗き見をしちゃったんです。

そのおじさんが見てたのがハッピーメール。
そう、出会い系サイトですよね。

そのおじさん、なんだか嬉しそうな顔をして一生懸命、スマホを覗き込んでたのが印象的でした。

マックを出てからも妙に僕は気になってました。

試しに僕もやってみよっかな…。

どうせ暇なんです。
時間は余るほどあります。

この寂しさを紛らわしてくれる誰かに会えればラッキーだし、ダメならダメでそれでもいっかという感じでしたね。

ハッピーメール、実際にやってみると思ったよりも登録は簡単ですね。

ササッと僕は自分のプロフなんかを作り上げて、そこに登録している女の子たちを眺めてました。

正直、一瞬僕は驚いちゃいました。

だって、そこに登録してる女の子ってハンパなく多いし、それにキレイな子がめちゃたくさんいるし。

気が付けば僕はその中の何人かにメッセを送ってたんです。

しばらく公園のベンチでそんな事をしていると、すぐに返事が。

彼女と別れたばかりなんですか?寂しくないですか?

なんかこんな返事をもらっちゃうと、さすがに心が揺れますね。

とにかく、この時の僕は誰かに話を聞いてもらいたいという気持ちで一杯だったんですから…。

何度かハッピーメール内のメッセージをやりとりして、僕と彼女は大宮駅近くにある珈琲屋OBというカフェで待ち合わせをする事になりました。

ハピメに登録してすぐ女の子と出会えた!大宮でデートをすることに

この時の僕にしてみたら正直、こんなに嬉しい事はありません。

少しでも一人でいない時間を作れるというのは、この上なく有難い事でした。

待ち合わせのカフェに行くと、それらしい女の子はいませんでした。

まだ、来てないのかな?

僕はそう思って先に自分の分のコーヒーを頼んで、一人座ってスマホを眺めてたんです。

すると程なくして、一人の女の子に声をかけられました。

「ごめんなさいッ!待ったでしょ?本当にごめんなさい…」

そう、彼女がハッピーメールで会う約束をしてくれた子です。

名前はりょう子ちゃん(仮名)と言います。

とにかく、りょう子ちゃん、遅れて来た事に恐縮しまくり。

そんな彼女を見てるとなんだか一生懸命ぶりがとても可愛く思えちゃって来ました。

多分、この最初の出会いが良かったんだと思います。

僕とりょう子ちゃん、すぐに打ち解けちゃったんですよね。
で、二人でコーヒーを飲みながらいろんな話をしました。

そしてすぐに話題の中心は僕の失恋話に。

あまりにもりょう子ちゃんが一生懸命、僕の話を聞いてくれるものだから、ついつい僕はそれに甘えてしまい、自分の中で溜まりまくっていた思いの丈を彼女にぶつけてしまったんです。

普通なら、こんな男の失恋話なんて女の子が聞きたがる訳ないじゃないですか。

でも彼女は真剣な目で、僕の話を最初から最後まで聞いてくれたんです。

そんな彼女の正直な姿勢にちょっと僕は心が揺らいじゃいました。
もう少し彼女とこのまま一緒にいたい…と思い始めたんですね。

出会ってすぐに意気投合した僕たちは、食事デートに出かけた

なので、珈琲屋OBを出て、僕は彼女にちょっとごはんでも…と誘ってみました。

彼女、僕の誘いに嫌な顔ひとつせず、快諾してくれたんです。

で、僕たちが向かったのは大宮駅前にある「個室居酒屋 時しらず」っていうお店。

ここ、個室なのでゆっくり出来ちゃうんですね。

今日はりょう子ちゃんとゆっくりと話をしたかったので、こういう個室のお店に来たんです。

最初は僕も彼女も楽しくお酒を飲んでました。

けれども僕はりょう子ちゃんが話を聞いてくれるので、ついつい嬉しくなってしまい、そしてお酒が進んできたという事もあって感情が高まってしまって来たんです。

「ねぇ、りょう子ちゃん。やっぱり俺ってダメな男かな?!」

「そんな事、ないよ。すごくステキよ〜」

僕は酔っ払ってはいたものの、結構、意識ははっきりしていました。

でも、お酒の力を借りて、普段では会ったばかりの女の子にとてもじゃないけれど恥ずかしくて言えないような事もりょう子ちゃんにはぶつけてしまっていたんです。

「じゃさ、じゃさ、りょう子ちゃん。今、ここで僕がりょう子ちゃんの事好きって言ったらどうする?」

「またぁ〜、そんな気ないでしょ?もう酔っちゃったの?しっかりしなさいッ!」

「ね、話をはぐらかさないでよ!ね?じゃさ、これからお店出てラブホ行こッって言ったらどうするんの?ね、マジで?!」

いやいや、完全に酔っ払いですね。自分でも分かってたんですが、もしあわよくばりょう子ちゃんが受け入れてくれたら・・・とこの時、僕は思っちゃってました。

「え〜、アタシはいいけどぉ〜。でもさ、アタシなんか元カノに敵わないデショ?」

「え?い、いい〜?!」

一瞬、僕は彼女の返事に耳を疑いました。
いや、そう言うのならもう元カノなんて関係ないです。

今日、りょう子ちゃんとセックスが出来ちゃったら、僕はいっぺんで失恋の寂しさなんか忘れられちゃうような気がしました。

ここは個室です。

僕はちょっと興奮してその場でりょう子ちゃんを抱き寄せてキスをしちゃったんです。

やっぱり、こういう時って個室はいいですよね。

キスをしながらりょう子ちゃんの胸を触ります。
で、そのまま押し倒したんですが…。

「ねぇ、お店の人来るから、他、行こ?」

ちょっと冷静な表情でりょう子ちゃんが僕にこう言いました。

男って一度火がついちゃうとなかなか興奮冷めやらないもんです。

でもここは、彼女の言葉に従う事にして僕と彼女はとりあえず、お店を出たんです。

気持ちが盛り上がってしまい、そのままラブホへ…

ラブホテル

居酒屋を出た僕とりょう子ちゃんが次に入ったのはラブホ、Lets。

割りと大宮駅から近いので満室って事が多いんですが、今日は空室があってラッキーでした。

部屋に入って、僕はがむしゃらにりょう子ちゃんの体にむしゃぶりついたんです。

キスをして、オッパイを揉みまくって、そしてりょう子ちゃんのアソコをいっぱい舐めまくって…。

なんだかこうしていると、自分の失恋がきれいに何処かに吹き飛んでくれるような気がして…。

セックスをしてる時、彼女は何も言いませんでした。

それどころか僕の要求、全てに応えてくれたんです。

りょう子ちゃんに正常位で挿入した時、彼女は両手を僕の背中に回して思いっきり抱きしてめてくれました。

騎乗位になるとりょう子ちゃんは一生懸命、腰を振ってくれるんです。

そして自分から取った僕の手をオッパイに当てて、揉むようにせがんできます。

この時のりょう子ちゃんって僕に元カノの事を忘れさせようと、なんか一生懸命になってくれていたような気がします。

セックスが終わってからも、りょう子ちゃんは何か特別な事は言って来ませんでした。

その後は彼女とセフレ関係に。失恋も癒えそうです

僕たち、ラブホを出て駅で別れるまで、ありきたりの会話しかしなかったんです。

でも、その後も僕がりょう子ちゃんを誘うと彼女、大抵は会ってくれるんですよね。

そして会った時は必ずラブホに入ってセックスをしてます。

これ、普通に言ったら僕とりょう子ちゃんはセフレの関係だと思います。
多分、それは彼女も気が付いているんでしょうね。

今はまだりょう子ちゃんを彼女に出来ない自分がいます。

やっぱり心の中で元カノの事がどこかで引っかかってるんです。

なのにりょう子ちゃんとはセックスをしてるって凄くズルい男だと自分でも分かってるんですが…。

でもきっといつか、そして近いうちにりょう子ちゃんはセフレから僕の彼女になるような気もするんです。

その日が来るまで、僕はりょう子ちゃんとの関係を大切にしようと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です