3ヶ月かかったけど上玉をGET!

こんにちは。
素人専門にハッピーメールで活動をしてる者です。

いつも埼玉界隈でセフレ候補の女子を探しています。

昔は割り切りの女子を相手にする事がありましたが、今はもっぱら素人ですね。

素人女子とハピメ内のメッセとLINEのやり取りで口説いて、やっとの思いで初対面。

その後も焦らず時間をかけて、ベッドインに持ち込みます。

このプロセスで得られるドキドキ感が堪らないんです。

やっとのことでベッドに引きずり込んだ時の達成感は、本当に苦労した者しか分かりません。

ハッピーメールで素人女性を堪能する楽しさ

こう言うと、なんでそんなめんどくさい事と思われるかもしれません。

確かにそうですよね。

ハピメだと、その他掲示板で「今スグ会いたい」「大人の出会い」に行けば、すぐ女子に会えますもんね。

ハッピーメールで知り合った女性って時間がかかる子ほど“上玉”だったりするんですよ。

そんな事を知ってから、女子を落とすのに平気で2ヶ月、3ヶ月とかかけますね。

中には半年もかかった女子もいるくらいですよ。

そんな事で、この間やっと落としてセフレにした女性もマジで上玉でした。

彼女よりセフレが欲しい!

埼玉の浦和に住んでる20代前半の学生のうたちゃん(仮名)。

最初、彼女のプロフを見た時思っちゃいました。

「これはハードル高ぇな…」

何しろ、彼女が求めてるのはピュアな出会いで、セフレじゃないんですよね。

一応、僕は普通に付き合ってエッチする彼女をハッピーメールで見つけたい訳じゃないんです。

あくまでも僕が探しているのはセフレ。

会う時はセックス目的で、別にデートがしたい訳ではありません。
だって彼女作ったり、デートしたりってマジで面倒じゃないですか。

それより会ったら、セックスして「気持ち良かったね」と言って解散するのがいいです。

攻略の仕方によっては、ピュアな出会いを求めてる女子をセフレにするのは可能だったりしますよ。

だから「この子無理じゃね?」と思い込んで、諦めちゃうは勿体ない気がします。

こういう女性を落とすには、時間をかけて信用を勝ち取ることが重要です!

サイト内のメッセージで、何度かやり取りを続けます。
ポイントの消費がハンパないですけど(涙)

すぐに会おうと持ち出さないでいると、この手の女子は間違いなく信用してくれます。

アプローチしてくる男って、大抵はすぐに会おうって連発するじゃないですか。

そんな中で会いたいと言わない男に対しては、逆に信用をしてくれるんです。

どんなにハードルが高い女の子でも、落とせる確率は高くなります。

ハピメで出会ったセフレ候補の女子大生と浦和でデート

彼女とのやり取り、ハッピーメール内で1ヶ月、LINEで1ヶ月を経て会うことになりました。

スマホでメッセ

この時点で彼女の方から「会いません?」って言って来てくれたんです。

彼女と会ったのは浦和ですね。

会う時は女子に人気がありそうなお店を必死に探しました。
その方が相手から得られるポイントも上がりますからね。

浦和パルコにあるスクールカフェ、cafe uwaitoとか…。

彼女と会うのはいつも浦和界隈なんで、この辺のオシャレなお店は詳しくなりました。

初めて会った時も二回目に会った時も、ラブホに誘うようなことはしなかったんですよ。

初めて彼女に会った時、即エッチに誘ったらその時点で終わっちゃうなと思ったくらいですからね。

うたちゃん、とにかくピュアな子です。
もうちょっと時間をかけて育てる必要がありますね。

だから週一くらいのペースで、彼女とデートを繰り返していました。

このプロセスでのデートは全然面倒くさくないんです。
セフレにするための必要な儀式みたいなもんですからね。

何回かデートをして「そろそろいいかな?」ってタイミングで手を繋いでみます。

この手を繋ぐのはかなり大きなハードル。
男に対して潔癖症だと、すぐに嫌がられちゃいますけどね。

でもハピメを使って出会いを求めてるくらいなんで、その辺は安心しちゃってもいいと思います。

彼女、手を繋ぐのはなんも抵抗してきません。
「こりゃラッキー!」って感じです。

そうなると、いよいよ攻勢のスピードを早めていきます。

次に会った時は、彼女の家の近くにある公園でキスをしました。

それからは会うたびにキスはしたんです。

そろそろかな?

そう思った僕はうたちゃんをカラオケに誘いました。

女子大生とセックスできそう?浦和のカラオケに誘い出す

入ったお店は、ビックエコー浦和店。

カラオケっていいですよ。
初めてエッチに誘う女の子を口説くには、最高のロケーションだと思います。

この時も、歌の合間に何度かキスをしました。

この何度もキスをするのがポイントでもあります。

今日はエッチっぽい雰囲気があるなと、彼女に思わせるとラブホに誘うのもスムーズです。

彼女が歌ってる時、僕は意を決してオッパイを触り始めました。

最初はビックリして手を払い除けようとしてましたけどね。

でもその間も彼女は歌うのをやめません。
オッパイを触られるのがまんざら嫌じゃないってことです。

彼女の歌が終わった後、僕の番なんですが、この時は歌なんか歌いません。

女子大生を抱き寄せて、激しいキスをしながら体を思いっきり弄りました。

オッパイを揉んで、パンツの上からマンコを触っていきます。

「ね?
場所変えない?」

こう言うと、彼女小さい声で

「したいの?」

と聞き返して来ます。

「うん、うたちゃんとしたい…」

と返事。

彼女、割と素直にお願いを聞いてくれましたね。

この時、うたちゃんと初めて会ってから1ヶ月が経っていました。

ついに女子大生とベッドイン!浦和のラブホでセックスしました

僕は念願の彼女とのベッドインを達成。
入ったのは浦和駅の近くにあるゼロというラブホ。

このスムーズなベッドインは、時間をかけて彼女の信頼を勝ち取った賜物だと思います。

ベッドに入って彼女の服を一枚一枚、脱がしていきました。
これはもう感動もの。

やっぱ素人女子の体っていいですよね。

彼女のキャミ、ブラジャー、パンティーはそれまでの努力の結晶のように思えちゃいました。

初めて彼女とセックスをした時、あまり積極的じゃなかったんですけど、それから毎週のように会ってセックス。

そのおかげで、だいぶ彼女を開発することも出来ちゃいました。
今じゃ即フェラだってしてくれるようになったんです。

彼女は気が付いてないかもしれませんが、完全に僕のセフレになったという訳です。

ここまでになるまで3ヶ月も時間がかかりました。
けれど時間をかける価値はありますね。

なにしろ彼女ってば、僕にとっては本当に上玉のセフレなんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。