埼玉のハレンチギャルは超一級品

埼玉には実にいろんな逸材がいるんです。

なんの逸材かって?そりゃエッチに決まってるっショ。

それもハッピーメールに登録してる女の子の事ですね、逸材ってのは。

最初はごくごくフツーの女の子と思いきや、実際に会ってみると、これが凄いのなんのって…。

こんなセフレは絶対に逃しちゃいかんと思い、僕は今じゃ彼女とのセックスの時は全身全霊で土俵に上がってます。

埼玉の逸材と言える彼女との出会い

彼女と出会ったのはやっぱりハッピーメール。

だいたい、僕はセックスがしたい時、超ハンパなく暇な時、まあこんな場面ではたいていはスマホでハッピーメールを覗いてます。

この時もマジで暇だったんですよ。

だから僕は無意識のうちにハッピーメールを覗いてました。

プロフ検索で流しながら女の子を見てた時、ちょっと気になる子がいたもんでサクッとメッセを送っておいたんです。

はじめまして!今、大宮にいます。良かったら会いませんか?東京に出ていくのもおけです!

まあ、いつも女の子にメッセを送る時はこんな感じで定型です(笑)

それから30分くらい、ハッピーメールを覗いてたらさっきの子から返事が来たんです。

メッセありがとうございます!!これからもちろんおけ!!大宮だったら30分くらいで行けます

おお、今日はなんだかツイてますね。

早速僕は彼女と待ち合わせした大宮駅のBECK’Sに行きました。

大宮駅でゲットした彼女とデート

平日の夕方だったのでお店の中はかなりの混雑。
誰がどうだかよく分かりません。

彼女にはこちらの目印を告げていたので、まあそのうち声をかけてくれるだろうと。

それにしてもハッピーメールで女の子と待ち合わせをする時、この合流する場面が一番緊張するやらワクワクしますよね。

どんな子が来るんだろう?

って感じでいつもいろんな想像を膨らましちゃいます。

「あの…◯◯さんですか?」

「あ、はい、◯◯ちゃん? あ、こんにちは…」

おお、こりゃマジでカワイイ…。

やっぱハッピーメールは女の子の質が出会い系の中ではダントツです。

さすが広告に膨大なお金をかけてる出会い系サイトだけあります。

カワイイ女の子に会える確率は他の出会い系に比じゃないと思いますよ。

埼玉でのカワイイ女の子との出会いの関連記事→https://www.ragamala-nada-yoga.com/ragamala-nada-yoga-Indiase-concerten-in-Groningen5.htm

ちょっと僕はお腹も空いていたので、彼女と大宮駅にあるCONAというお店へ。

ここ、イタリアンのお店なんですがピザが全部500円ととてもリーズナブルなんです。

彼女、イタリアンも好きだしお酒も好きって事で意気投合して早速CONAへ。

いや、それにしても彼女はよく食べるしよく飲みます。

その食べっぷりには見ていてマジで感服しちゃいますね。

「はぁ〜、お腹イッパイ…。ね?イッパイ食べた?」

「あ、オレ?うん、食べたよ。それにしてもよく食べるね…」

「あははは。呆れた?アタシ、マジで食べるんだ」

そう言って笑う彼女。
なんかそんな天真爛漫な所に、妙に僕は惹かれちゃいました。

「ね、もうお腹イッパイだからさ〜。次はサクッとエッチしに行かない?」

サクッとって…。
凄い誘い方ですね…。

食事デートのあと、いきなりセックスを求め即尺する彼女にビックリ

「は?え?いいの?でもさ、割り切りじゃないよね?」

「割り切りじゃないよ〜。お金なんかいらないよ。アタシ、エッチしたいだけだもん」

「ん?ひょっとしてセックス好きなの?ねぇ?」

「うん、エッチ大好き。もうさ、ねぇ、行こうよ、早くぅ〜」

凄いですね。
こんなにセックスをせがんでくる子と出会ったのは初めて。

でもまあ僕だってセックス目的なんですから、こんなに嬉しい事ってないですね。

で、早速僕と彼女、ラブホに向かいました。
入ったのはHOTEL O・M・Yというラブホ。

エレベーターの中でキスをしてる時、彼女はずっと僕の股間を摩ってました。

もう、どんだけ我慢できないんだよ〜って感じですね。

部屋に入ると彼女、気持ち良くしたげる〜って笑いながら言い、僕のズボンをずり下ろしてチンコをカプッ…です。

はぁぁ…。
マジ気持ちえぇぇ。

なんて凄い子だ…。

即フェラって汚いから嫌だって女の子も多いですよね。

なのに彼女ったら部屋の入り口で自分の方から即フェラです。

僕は即フェラ中の彼女をチンポから引き離し、ベッドの上に押し倒しました。

服の上からオッパイを揉みしだき、キスをしたんです。

服をまくしあげてブラジャーを取ると彼女のオッパイが目の前にバーンと現れました。

豊かな胸

「お?マジでキレイなオッパイ。形いいね?」

「ね?オッパイ、しゃぶってぇ…」

「オッパイ、感じる?」

すると彼女、笑いながらうんって頷きます。

もう僕は彼女のオッパイを揉みしだきながら、同時に小さくてピンク色の乳首を舐めまくりましたね。

オッパイをもみしだくたびに彼女、はぁん、あぁん、あはん…と実に可愛らしく喘いでます。

マンコに指を入れるとそこはジワッと濡れてたんですが、指で奥と入り口を3往復くらいするとすぐにグチュグチュに濡れて来ました。

僕が彼女の股間に顔を埋めて舐め回してると、今度は彼女の方が僕のチンコをカプっとしゃぶって来ました。

彼女、隙を見せるとチンコにしゃぶりついてくるんです。
そんなにフェラチオが好きなんでしょうか…。

マンコのベロベトと舐め回す僕、そしてチンコをチュパチュパと舐め回す彼女。

いや、僕たちってセックスの相性は抜群なんじゃね?と思っちゃいました。

セックスが好きすぎるセフレ。定期的に会う毎日です

「ねぇ、もう挿れてよ…」

「生でもいい?」

「いいよ〜。でも中で出したらアカンよ」

なんと生でも彼女、良いといいます。
僕はゴムを付けずにそのまま彼女のマンコに挿入です。

おお〜、やっぱ生は気持ちえぇ…。

腰を動かすたびに大きくなる彼女の声。
彼女もマジで気持ちよさそうにあえいでますね。

こんなに感じたセックスは僕も久しぶりかもしれません。

特にバッグで挿れた時は良かった…。

彼女の腰をグイッとつかんでパンパンと突いてると、奥までチンコが届いてこの上なく彼女も気持ちよさそうにしてます。

セックスを終えて服を来てる時、思わず僕は彼女にこう聞いちゃいました。

「なあ、ハレンチとか変態って言われない?」

「あはは…。分かった?よく変態って言われる〜」

やっぱり…。
でも僕にとってみたらそれは好都合です。

その後もセックスがしたくなったら真っ先に、僕は彼女にLINEを入れてみるんです。

するといつも彼女からは

「おけ!」
「すぐ行くでごじゃる!」

なんて返事が。
どんだけセックスが好きなんだよ〜笑笑って感じ。

いや、こんな感じで僕は埼玉のハレンチギャルのセフレ化に成功しちゃいました。

セフレとしては超一級品の彼女。
僕はなんと幸せなんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です