巨乳ギャルを求めてPCMAXを物色

出会い系サイトのスゴい所って、その時の気分でセフレを選べちゃうって事じゃないですか。

アイドル顔の子が良い時、人妻みたいなテクニック重視の時…って感じでセックスの相手がよりどりみどりです。

出会い系サイトを上手に使っちゃえば、それはそれは豊かなセックスライフが楽しめちゃうってワケなんですね。

巨乳が気になった僕は、PCMAXで埼玉の巨乳ちゃんを検索

その日、僕は所沢の街をブラブラしていたら、妙に巨乳の女の人が気になっちゃいました。

季節はもう秋だったんですけどね。

カラダにピッタリしたニットを着てて、オッパイのラインがマジでクッキリの人がいたんです。

なんだかニットを着てカラダの線がピッタリ出ちゃってる女の人って、夏の時と同じ位、マジで僕は燃えちゃいます笑。

しかもそれが巨乳だったんですよ…。

プルンプルンにデカパイなのにツンと上を向いちゃってます。

そんな巨乳を見た時、おお〜、下から上に揉みあげてぇ〜って思っちゃいました。

そうなるともうガマン出来ません。
って言うか、ガマンする必要って全然ないんですよね。
僕はスマホでサクサクっと巨乳の女の子を探しちゃいました。

この記事みたいにセフレにしてパイズリさせたいっすよ。

何といっても、柔らかく温かい巨乳に自分のギンギンの息子が包まれるあの感触。
そしてパイズリさせているという、なんとも言えない征服感。

参考:セフレにパイズリされたい!出会い系でパイズリセックスした方法とは

PCMAXで女の子を物色してると、やっぱりいますね、立派な巨乳ギャルが…。

最低でもDカップ、あ、いやEカップくらいは欲しいものです。

プロフの写真ではパッと見、巨乳かどうかわからないものですから、この子良くね?と思える子は丹念にバストをチェック。

すると、一人、マジで美形でしかもEカップだと称してる女の子がいたんです。

おお〜、この子、ガチ来てるぜ〜。

早速、僕は彼女にメッセを送ってみました。

メッセを送ってる最中、僕のアタマの中では既にこの巨乳にパイズリをしてもらってる光景が浮かんでました…(笑笑)。

はじめまして!今、所沢でヒマしちゃってマース!良かったらこれかお会いしません?

なんかこんな感じで軽く明るく爽やかにって感じで。
そしたら巨乳ちゃんから早速返事が来ちゃいました。

メッセージありがとうございます!うれしいです…。アタシもヒマしてるの、もちろんおけです!

ってな事で、僕はあこがれの巨乳ちゃんと所沢の「むさしの森珈琲」で待ち合わせです。

お目当ての巨乳ちゃんと、埼玉所沢のカフェでデート

約束の時間に行くと、まだ彼女は来ていないみたいですね。

僕はお店の入り口近くのお店に座って待ってました。

するとあれじゃね?って女の子がご入店。
すぐ分かっちゃいましたね。

だって歩いてるだけでオッパイがプルンプルンって感じなんですから笑笑。

まずはお互いにかる〜く自己紹介ですね。

彼女、所沢でOLしてるって言ってました。

でもそんな言葉も全然、僕の中には入ってこなかったんですよ。

もう目は彼女のオッパイに釘づけ。
どんなブラジャーにオッパイ、包まれてるんだろう?って思っちゃました。

巨乳

そうなれば早速お店を変えて、お酒を飲みに行きました。
向かったお店は土風炉の所沢店。

やっぱ、女の子を口説くのならお酒の力は絶対、必要ですよね〜。

なにしろ、早くオッパイとご対面したいので、お酒パワーで早くエロいシチュエーションに持って行きたかったんです。

土風炉で飲んでる間、僕はアルコールの力も借りてとにかく巨乳ちゃんを褒めまくり。

女の子って飲んでる時に男から褒められると、大抵は喜んでくれます。

で、良い感じでアルコールが回って来た所で、さりげなく話題をオッパイの方に向けてみました。

「ね?ホント、おっきいね…」

「胸の事?あ、うん、良く言われる…。でもさ、さっきからアタシのオッパイ、ずっと見てたでしょ?」

「あ、バレてた?だって、スゴいキレイだからさぁ…」
話題をオッパイに振ってみて、巨乳ちゃん、なんかまんざらでもなさそうです。

全然、嫌そうに見えません。

その時点で結構、酔っ払ってたので思い切って僕は誘ってみました。

「ね、ね。お願い!オッパイ、触ってもイイ??」

「巨乳ちゃん:触りたいの?どうしても?いいけど…。でもここじゃね…」
よし!話は決まりです!
場所を変えればオッケーって事ですよね。

僕と巨乳ちゃん、お店を出て一直線でラブホに向かっちゃいました。

巨乳ちゃんをラブホに誘い出すことに成功!おっぱいに埋もれてセックスしたい

ラブホに向かう道すがら、僕の意識は横でプルンプルンと揺れてるオッパイに神経は集中です。

早く揉みてぇ〜、ナメてぇ〜って思いましたが、そこははやる気持ちを抑えます。

だって、少ししたら遠慮なく巨乳を自由に出来るんですからね。

僕と彼女は所沢にあるラブホ、レスティってとこにチェックイン。

いや〜、まじでここへの道のり、長く感じちゃいました(笑)。

部屋に入るともうガマンする必要はないですからね。
僕は彼女の服を脱がしにかかったんです。

ブラジャー姿になるとその巨乳ぶりに完全に圧倒されちゃいました。

マジ、デカい…。

ブラジャーを外すとオッパイがプルンと現れました。

もうとにかくデカい。
スイカか、これはってくらいデカい。

揉むとめちゃくちゃ柔らかいんですよ、これが。

そして彼女、オッパイが性感帯なのか、すごく感じでましたね。

乳首もチュパチュパ舐めるともうめちゃくちゃ気持ちよがってました。

で、僕は意を決して彼女にお願いです。

「ね、ね?パイズリしてくんない?」

僕が言うと、彼女はクスッと笑って何も言わずにパイズリしてくれました。

でっかいオッパイが僕のチンコを両脇から包み込みます。

そして彼女はオッパイを抑えながらゆっくりと体を上下にグラインドしてくれます。

おお〜、巨乳のパイズリだ〜。これだよ、これ。
もう僕は心の中で絶叫です。

あまりにも気持ち良くて、パイズリで一回いっちゃいました。

「気持ち良かった?」

「マジ、気持ちええ〜。サイコーだったよ」

「男の人ってホント、パイズリ好きだよね…(笑)」

「男でパイズリ嫌いな人っていないんじゃね?」
でもパイズリだけで終わるワケには行きません。

僕は正常位、騎乗位、バックで彼女を攻め込みました。

特に騎乗位でセックスをしてると彼女のオッパイがプルンプルンと、いや正確にはブルんブルんって揺れるんです。その光景を下から見てると本当に圧巻でした。

やっぱ巨乳ちゃんとのセックス、最高でした。

「ね、ね、また会ってくれる?」

「あ、いいよ〜。是非是非です。良かったら呼んでね」
ってな感じで、僕は巨乳ちゃんとセフレ契約を結べちゃいました。

最近じゃ僕は巨乳ハンターになっちゃったようで、彼女とばかりセックスしてます。

やっぱPCMAXとかって良いですよね。
こんな巨乳ちゃんを簡単にセフレに出来ちゃうんですから。

最近、他の巨乳ちゃんも探してみよっかななんて思ってま〜す!

今度は大宮あたりかな?

PCMAXを使った出会いの関連記事→https://www.ragamala-nada-yoga.com/ragamala-nada-yoga-Indiase-concerten-in-Groningen9.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。