カワイイ女の子は埼玉にいる!?

僕は去年、東京に出てきたんです。

生まれて初めて出てきた東京、マジでいろんな事にビックリしましたね。

一番ビックリしたのは僕が生まれ育った鹿児島に比べて、カワイイ女の子が全然多い事。

それこそ、街を歩いていてすれ違う女の子、みんなカワイく見えちゃいましたね。

なにしろ最初の頃は、その辺を歩いている女の子がみんなアイドルとかモデルに見えちゃったくらいですから。

でも、もっと驚いた事があるんです。

実はカワイイ女の子って、東京じゃなくて埼玉にいるって事。

本当に可愛い子は埼玉にいる。埼玉の子と知り合うには…

その事実を知った時、なんだか僕は驚いたと言うのもあるんですが、なんかホッとした部分もあったんです。

なんだ、東京が一番じゃないのかって事で。

僕より先に東京に出てきていた、中学からの同級生がいました。

僕は彼に連れられて池袋の街を歩いてたんです。

生まれて初めての池袋です。
もう目に入る女の子がみんな眩しく見えちゃいました。

「うぉっ!な、な、今の子、見た〜!!マジでカワイかったゾ!なんかテレビで見た事あるんじゃね?、あれ??」

「なぁ、マジで恥ずかしいからやめてくんない?田舎モン丸出しやぞ、オマエ〜!」

「だって、そんな事言ったってな、俺だってオトコだぞ、オマエ、もし」

こんな感じで僕は完全に舞い上がっちゃってました。

でもそんな僕に彼は諌めるように言ったんです。

「な、な、オマエ、よく聞けよ、オマエ。ここ歩いてる女ってほとんどが東京のもんと違うぞ。大抵は西武線乗って埼玉から来んのよ。これが。アイツらみんな、埼玉のもんや〜」

はぁ〜?!埼玉ぁ?埼玉ってあの埼玉かぁ?

「そうよ、埼玉よ。だからオマエ、いい事教えてやんぞ。いい女GETしたいんなら埼玉の女狙えや、な?」

「そうだけどな、俺、鹿児島から出てきたばっかやぞ。どうやって埼玉の女と知り合えばいいんや、え?」

僕がそう言うと、彼はニヤッとしながらこんな事を教えてくれました。

「そりゃあれがあるやろ、あれ、オマエさん」

そう言って彼が指を指したのは、ハッピーメールの看板です。

ハッピーメール…。
なんとなく名前だけは知ってましたけどね。

でもそれ使えと言われても、なんだか全然ピンと来ません。

「なぁ、あれな、女の子とサクサク出会えちゃうのよ。しかも女の子がナニしたいのか、事前にわかっちゃうんだからすんげぇぞ、コレ!!」

もうその後は僕は彼の話を夢中で聞きました。

「俺なんかよ、オマエ。東京来て、これでセフレってヤツをバンバン作りまくりよ!それこそチンコの先っぽ、乾いてるヒマなんかないくらいや!」

って言いながら、天下の往来で女の子の腰を掴んでパンパンやってるジェスチャーを平気な顔してやってます。

セ、セフレ〜?!

まさか、同級生の彼からセフレなんて名前が出てくるとは思わなかったので、本当にビックリ。

しかもヤツは中学時代は同級生の間でもダサ坊で通ってたヤツなんですから。

仲間内ではアイツって今でも童貞じゃね?って盛り上がっちゃったことすらあるくらいなんです。

そんなヤツにセフレが出来るのなら、僕だってきっと出来ちゃうはずですよね・・・。

あいつにデキるなら僕にもデキる?さっそくハピメに登録

そんな思いを胸に僕は彼から教わった通り、ハッピーメールに登録をして、早速女の子にアプローチしてみました。

うぉッ!なんだ、もう返事が来てるゾ!!

恐る恐るメッセージを見てみると、それはさっき僕がアプローチした女の子からでした。

いや、マジでこんなカワイイ子が返事くれるなんて、信じられんな…。

そう思いながらも僕は東京のイケてる好青年を装って、精一杯頑張って見たんです。

で、その甲斐もあって、女の子から会う約束をもらっちゃいました。
僕にして見たらこの展開はホント、夢のようですよね。

東京に出てきて右も左も分からないのに、今こうやってアイドルみたいな女の子と会う約束を取り付けちゃってるんですから。

ホント、地元じゃ絶対に考えられません…。

ハピメで知り合った子と所沢でデートした

僕は彼女との待ち合わせ場所に指定された、所沢のcafe bib coffeeというお店に行って見ました。

所沢って事で、池袋に比べたらおのぼりさんの僕でも少しは通用するかと思ったんですけど、ちょっとそれは甘かったですね。

bib coffeeにいる女の子、やっぱ池袋にたくさんいた子たちとおんなじレベルです。

誰も彼もがカワイくて、僕の緊張具合は一気に頂点に達ちゃいました。

まさか、あの子じゃねぇよな…?

そう思って僕が視線を向けた先には、店内にいる女の子の中でもダントツにカワイイんじゃね?っていうレベルの子。

可愛い女の子

でもその子が僕の方を向いてニコッと笑ったもんですから、僕の心臓はマジで破裂しそうになりました。

恐る恐る僕はその子に声をかけると、やっぱりハッピーメールで待ち合わせをした女の子だったんです。

超ラッキー!!という気持ちとマジでどうすんべぇ〜、こんなカワイイ子ぉぉお!という気持ちが入り乱れて、僕は彼女とのファーストコンタクトで何を言ったのか全然覚えてません。

すると彼女がクスクスと笑い出しました。

「な、ナニ、何?どしたの?なんで笑ってるの?俺の事?!」

僕がこう聞くと、彼女はいっそう笑いながら

「だってさ、その言葉・・・。方言丸出しなんだもん…」

いや、僕だってね、精一杯鹿児島弁は隠してたつもりなんです。

でもやっぱりあの独特の方言は一朝一夕では治らないんですよ。

「あ、ゴメンね〜、別にバカなんかしてないよ〜。なんか、カワイく思えてきちゃった、アタシ〜!」

なんか理由はどうあれ、彼女の気持ちを掴んじゃったようですね。

僕はその後、タジタジしてはいましたけれど、一方で彼女に良い意味でおもちゃにされちゃってたんです。

「ねー、なんか緊張してる?どうしたらリラックスできる?」

そう言うんで、僕はボソッとこんな事を言って見ました。

「二人っきりになりたいっス…」

「え?二人っきり?それってラブホとかそういう事?」

「そうっス…。エッチしたいっス…」

一応、僕は肝が据わった鹿児島男児なんです。
昔で言えば薩摩男児っす。

所沢でカワイイ女の子におもちゃにされながらも、言いたい事はちゃんと言っちゃうんス。

彼女、最初は少し考え込んでましたけどね。

ま、カワイイからいっか!?とかよく分かんない事を言って、ラブホに行く事をオッケーしてくれました。

後になって思えば、オドオドした所にちょっと男らしさを出した事が彼女の母性本能をくすぐっちゃったのかなって気がします。

埼玉で会ったその日にラブホでセックスできた!

正直、所沢なんて僕は全然知りません。

ラブホに行きたいと言っては見たものの、どっちに行けば良いのかも分からないんです。

すると彼女がいいよ〜、アタシがいい所知ってるからと言って僕を引っ張って行ってくれました。

そして着いたのはHOTEL Laikaという所。

ラブホの部屋に入って裸になっちゃったらもうこっちのもんですね。
人間、裸になれば都会も田舎もないんです。

する事と言えばセックスだけ。

僕は鹿児島男児らしく、彼女をベッドの上でヒーヒー言わしちゃいました。

さっきのカフェでオドオドしていたギャップが良かったのかもしれません。

セックスが終わった時、なんかさっきと全然違う〜!と言ってました。

なんだか、僕は彼女に連絡をするのって恥ずかしかったので、あまり自分からはLINEとか送ってなかったんです。

でも、気がつくと彼女の方から僕を誘ってくるんですよね。
なんか埼玉の女の子ってすごく積極的です。

で、それからというもの、僕は埼玉の女の子の魅力に取り憑かれちゃいました。

ハッピーメールで3人のセフレを見つけちゃったんです。

そのうちの一人に、なんか凄いセックスぅ〜と言われたんですけれど…。

いや、僕のセックスって鹿児島じゃ普通だと思うんですけどね。
でもここ埼玉の女の子にはなんかウケるみたい。

これを武器に僕はこれからも埼玉の女の子、ハッピーメールでGETして行っちゃおうと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です